トップページ >> 活動報告

活動報告

報告日:2015年10月29日

10%近い受講者に電話が!

活動期間:
2015年10月28日(水)

分類:
セミナー

内容:

主催者代表の挨拶をする岩崎会長

電話機を使い体験的なセミナーを行う松原講師

佐久地区暮らしサポートセンターが「体験的:特殊詐欺対策セミナー」を開催!

 佐久地区暮らしサポートセンターは10月28日(水)佐久市の創錬館で「体験的:特殊詐欺対策セミナー」を開催し約50名の市民が参加しました。
 
 セミナーの講師には長野県くらし安全・消費生活課:防犯担当の松原氏を招き、約3時間にわたり講演をいただきました。
本セミナーの特徴は、講師からの一方的な講演ではなく参加者が犯人からの電話を実際に体験する形で進められました。

 また、実際に犯人グループからの電話を受けたことのある方を聞いたところ10%もいることがわかり会場内からどよめきが起きました。
講演終了後の質疑の中では、「特殊詐欺は日本だけの犯罪なのか外国にはないのか。」「犯人逮捕により戻ってきたお金はどのくらいなのか」「自分の貯金を払い出しに行くと、金融機関で理由をしつこく聞かれて嫌な気持になる。」等の質疑がされました。
終了後、加者から、「実は実際に被害にあったことがありますが中々人には言えないです。」という切実な声も寄せられました。

本セミナーを開催した事務局は、「講師のおかげで体験型のセミナーは好評だった。今後も市民の皆様の為になるセミナーを開いていきたい。」と話していました。